和風な道具たち  (振袖下絵)

京友禅 下絵

着物の下絵には様々な道具が使用されます。

昔から生活や祝い事に使われてきた、扇子や色紙、宝箱や筆、おもちゃ、几帳や御簾などの生活用具・・・などなどいろんな物を描き込みます。

この下絵は絞り併用の振袖の友禅部分です。
檜扇や巻物、文箱などに古典草花を絡ませて、着物の柄にまとめています。

古くからある道具を使うということは、それにより着物自体に「格調」が漂ってきます。




京友禅 下絵職人 村田
京友禅下絵職人村田

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック