牡丹ずくし  (訪問着下絵)

京友禅 下絵

今日は「失敗作」をお見せします!

この下絵は独立直後に描いたものですが、今見ると正直恥ずかしいです。

まず牡丹と葉の大きさがアンバランスです。
花は小さいのに、葉はやたらと大きく、かつ形がぎこちなく描かれています。

また、全体の構図が余りにも詰まりすぎていて、空間(息抜き)が無さすぎます。

今となっては、この下絵を買ってくれた得意先に申し訳ないような気分です。


こんな時期を経ての現在があるのでしょう。



京友禅 下絵職人 村田
京友禅下絵職人村田

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「希望の仕事」ではなく、「やったほうがいい仕事」

    Excerpt: うちのトップコンサルタントAさんと話をしていて、ふと出てきた会話です。Aさんは新卒で起業。つくった店舗が軌道にのり、仕組みも出来たところで、運営は人に任せて自分は就職。大手不動産会社に入社。営業職とし.. Weblog: 求人情報の探し方 racked: 2007-11-24 00:09