丸紋に牡丹  (訪問着下絵)

京友禅 下絵

この下絵は以前お見せした下絵の違った部分の拡大です。

割と変化の少ない花びらの牡丹ですが、古典柄には一番いい具合の牡丹です。

友禅挿しもし易く、かつかなりボリューム感がある牡丹に仕上がります。


着物文様の場合は、余りにも細かく変化のある形の花は、結局仕上がっても癖がありすぎて売れない事が多いのです。

但し、決して個性的な描き方、形を否定しているのではなく、着物はあくまでも工芸品・商品(着ていただいてナンボ!)なので、そこが芸術品とは大きく違う点だと私自身は思っています。


京友禅 下絵職人 村田
京友禅下絵職人村田

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック